何度も打ち合わせを繰り返し 十年来の想いを実現

インタビュー写真

家を建てたいと思い始めてから約10年。やっと念願のマイホームを完成させた●様ご家族に、駿河工房に決めたキッカケや完成までのエピソードなどをお伺いしました。


家を建てようと思ったきっかけ

たくさんの住宅会社をめぐり、厳選。

家が完成して一年と2ヶ月の●様邸。実は、ご主人は10年以上も前から展示場にいったり、チラシを見たりと、将来の家についてずっと考えていたそうです。そして結婚し、子どもが3人生まれたこともあり、本格的に家を建てようと決心されました。家族の理想を叶えてくれる住宅会社選びはとても大切なこと。どの会社にお願いすればいいかと、たくさんのハウスメーカーや工務店を回り、じっくり検討されました。そんな中、駿河工房とのお付き合いが始まったのは現場見学会へ足を運んでいただいたのがキッカケでした。「まず初めにカタログ請求をしました。けれど、実は請求から1年経過していて…。忘れかけていた頃に現場見学会があるというご連絡をいただきました。初めは豪華な内装の家に惹かれていたんですが、色々見て回るうちに木のぬくもりとか、和モダンな家に興味を持ち始めていて。すごくいいタイミングでしたね」。

プランをつくる上で、最初の手がかりは敷地にあります。その土地の自然や気候、風土、暮らしぶりに寄り添う「住まい」をつくるためには、設計士が自らその敷地に立ち形や広さ、向き、土地の成り立ちや視界、町並みや周辺環境、陽あたりや風の抜け方など、さまざまな条件を整理して分析しながら、その土地のもつ魅力でもある「地味」を読み取ります。それぞれの敷地の「地味」を読み取ることで、建物の構造的にも無理がない暮らしに寄り添うここちよさを、その敷地に現してゆくことができます。

駿河工房にきめた理由

"温かみ"のある家を求めて。

毎週のようにあちらこちらの展示場や見学会を行っていたというご家族。たくさん回っていくうちに、「家づくりに何を求めているか」ということをじっくり考えるようになり、「家具を何も置かなくても、素材そのものに温かみを感じられる家がいい」と、強く思われるようになったそうです。「木の良さを活かしながら、細部までしっかり手作りしてくれる、そんな住宅会社を求めていました。でもまだ大手ハウスメーカーにも心が傾いていて。最後は3社ほどに絞ったのですが、大手の技術力か大工さんの手仕事がいいのかまだずっと悩んでいましたね。なかでも駿河工房さんが提案してくれる家は、家族の理想の間取りで、そして温かさがありました。説明の仕方も、技術も、またOMソーラー設備もあり、すべてがそろっていて、これはもうお願いするしかないと思いましたね」。具体的な金銭面の相談や、OB宅訪問などを経て、いよいよ家づくりを本格的にスタートすることになりました。

インタビュー写真
こだわり

理想の間取りを実現。

どんな家が理想なのか、ご家族の求めている希望をお伺いすると10項目ほどありました。「木造の2階建ての家で、キッチンは広めに。家事動線は1階だけで済ませられるように、そしてなるべく家具をおきたくないので作り付けの本棚もほしい、などこちらの要望を簡単にお伝えしました。すると思った通りのプランがでてきてびっくりしましたね。変更は2階のベランダを少し広くするのをお願いしたくらいでしょうか。すんなり思いが伝わりました」と、ご主人。打ち合わせを繰り返し、だんだん家のイメージが形になっていきました。2階の子供部屋は将来を見越して壁で仕切れるようにしたり、脱衣所の向いに洋服の収納を作ったりと、些細な事も●様ご家族仕様になるよう細かく決定。当初は検討に上がっていなかったOMソーラーも設置することになりました。

実際に建てている現場でかんじたこと

安心感のある大工さんの丁寧な説明。

家を建てる土地はご主人の通勤途中の場所だったということもあり、頻繁に足を運んでいただけました。一つひとつの工程を、現場で確認しながらの作業。実際に目で見てもらうことでより安心していただけたと思います。「大工さんがとても信頼のおける方で。質問をすれば作業を止めてでも色々と説明してくれたので、不安は一切ありませんでした。昔ながらのプロという感じでしたね」。時には棟梁の職業経験談などのお話で盛り上がることも。一つの家を建てる仲間として、丁寧に丁寧に仕上げていきました。

インタビュー写真
住んでみての感想

一年を通して、快適な住み心地。

そしてついに完成の時!「家族ができるだけ一緒にいられるように」と●様ご家族と一緒に考え抜いた家は、「理想の家だ!」とおっしゃっていただけました。「もう感無量でしたね。文句のつけようがなく、住みやすくて本当に快適です」と、ご主人。動線のよさはもちろん、OMソーラーを設置したので住み心地も抜群。一年住んでみて分かったのが、冬場は室内の温度が13度を下回ったことがなく、こたつだけで充分だということだったそうです。昼間に溜めた外気の暖かさが、夜になってもしっかりと発揮されているんですね。そして夏はエアコンを使うこともあるそうですが、風通りがよく、空気の抜け方がとても居心地がよいそうです。「建てるまでがすごく労力を使ったので、建てた後は肩の力がほっと抜けてしまいました。やはり自然素材だから木が歪んでしまったりなどの問題もありましたが、電話一本ですぐかけつけてくれました。大手ハウスメーカーと違って担当者さんの移動がないのも安心のひとつですね。地元・静岡の工務店さんに頼んで本当によかったです」。

最後にアドバイ家造りへの姿勢

理想の実現は、信頼できる住宅会社のおかげ。

最後に、これから家を建てる方へのアドバイスをいただきました。「まずは実感・体感することですね。駿河工房さんはまったくそんなことがなかったのですが、押しの強い営業マンはたくさんいます。けれどそれにひるまずどんどん色んな家を見に行くことだと思います。たくさん見て回り、良い点・悪い点を見つけ、そして自分の家を本当に任せられる会社かどうかをしっかり選んでほしいと思います」。じっくり検討された結果、弊社を選んでくれた●様ご家族。家づくりを楽しんでもらえ、心地よい暮らしを送ってもらえていることにとても喜びを感じます。これからも、理想の家での生活を楽しみ続けてもらえるよう努力いたします!