福江武家屋敷通り

設計課小笠原です。
長崎県五島市福江城(石田城)跡の近くに藩政時代の武家屋敷通りが残っています。

塀の上に「こぼれ石」といわれる丸石を積み重ね、両端は蒲鉾型の石で止められているのが特徴。
こぼれ石は、外部の侵入を音で知らせたり、いざという時には武器としても使用されたといわれています

約400メートルのこの石垣は全国でも類を見ないと高く評価されているそうです。
当時の面影が色濃く残る風情豊かな通りです。
明日はsurugakobo.Yさんです。