SE構法3階建て「欅並木を望む家」

35坪の土地で駐車スペース3台分を確保する為に耐震性・施工性に有利なSE構法3階建てで検討開始。交通量の多い東面道路からの視線を気にせずにくつろげ、明るく広々開放的に、風通し良い家を目指して設計しました。東面道路からの視線を気にしてLDK2階に配置し、リビングの延長に欅並木を借景利用する大きなバルコニーをつくりより広がりをプラスします。LDKはほぼワンルームで南面にはハキダシ窓を並べ採光・通風を確保。道を歩く人の視線を気にしなくていいので、いつも明るく風通しの良いLDKになりました。3階はプライベートな空間とし、西側には夫婦寝室を配置し、吹き抜けと書斎コーナーを挟んで子供室。吹抜け越しに2階と繋がり、程好く家族の気配を感じる事ができます。3階は寝るだけの空間になるので、南面を低く構え無駄な空間を減らしながらコストを抑え、且つ外観のプロポーションを整えてあります。1階玄関脇に土間から直接上がる和室(客間)、玄関には下駄箱を作らず6帖強で一部土間の収納部屋と洗面・便所・浴室、ビルトイン駐車場という間取り構成。土間玄関にはベンチを造り付け、隣接する和室と合わせて来客者の対応ができるように設計してあります。

狭小敷地3階建て・ビルトイン駐車場・吹き抜け このキーワードから構造躯体にSE構法を採用しました。

                                                               企画設計課 山崎