丘の上に建つ木造ドミノ住宅

丘の上という景観の良さを活かし、室内から外への視線の抜けを意識しました。

最初にこの地を訪れた時、まずは見晴らしの良さに魅かれました。

この景観をどのように活かそうか、それが設計のポイントでした。

木造ドミノ住宅の特徴である間仕切りのない広がり空間は

実際の面積以上に広さを感じさせてくれます。

それにプラスして、外へ目線が抜ける窓の位置取りが更なる相乗効果を生み出します。

1階リビングは、道路側からの人の視線を遮りながら光と風を取り込むように、

階段から2階へ上る時には、正面に空が広がるように大きな開口部を設けました。

閉じるところと開けるところを考慮した窓の配置は視線の広がりだけでなく、

明るく風通しの良い快適な空間を作り出してくれます。

丘の上から外の景色を眺めながら、毎日の暮らしが豊かになりますように・・・

そんな願いを込めて建てさせて頂いた住まいです。