「創る」こだわり

構造計算によって、性能を証明する。

いくらいいデザインや機能性に富んだプランでも、構造が丈夫でなければ安心できる住まいとは言えません。駿河工房では、「丈夫につくって長持 ちさせる良質な住宅の価値を維持する」という国の方針に基づいた「住宅品確法性能表示」に示された建築基準法を超える性能である長期優良住宅の構造性能耐 震等級2以上を実現します。南海トラフを震源とする巨大地震によって、静岡県の広い範囲で震度7の強い揺れが想定されています。長期優良住宅の耐震等級2は、震度7の1.25倍 の揺れに対しても倒壊、崩壊しないための規定になっています。また倒壊や崩壊を防ぐだけでなく、建物が損傷をできるだけ少なくするために、柱や梁のサイ ズ、耐力壁の量とバランス、水平剛性、接合部の強度など構造性能を科学的に立証しながら許容応力度構造計算によって、部材断面まで強度を算出し、地震や風 圧にも耐えられる構造性能を担保します。



耐力壁のバランスを考える。

建物に地震力がかかると「剛心」と呼ばれる点を軸にした回転運動がおこります。建物の重さの中心である重心が剛心と離れていれば離れているほど大きな力で回転することになります。この離れ具合が偏心率と呼ばれる数値で示されています。建築基準法では、「0.3以下にすること」と定められています。駿河工房では、この数値を無理なくクリアーできる設計を行っています。

木造在来工法の良さを活かしながら、木造組みの構造用グリットを田の時に配置し、1階と2階 のグリットも一致させ、構造を安定させます。接合部を特殊接合金で強化し、建物にかかる荷重を考えながら耐力壁をバランスよく設けます。さらに壁面と床面 の剛性をあげ、小屋組にも登り梁を剛に組むことで、垂直面と水平面をしっかりと固め、地震や風の力を耐力壁に確実に伝え、床面や屋根面の歪みや変形を防ぎ ます。高い耐震性と耐風性をもちながら、広がりのある空間や、吹き抜け、小屋裏利用など立体的にも広々とした空間の住まいを実現します。



確かな基礎をつくる

住まいの耐久性は構造体だけで語ることはできません。まずはその下にしっかりとした地盤があり、上の構造フレームときちんとつながっているこ とが重要です。地盤の様子を知ることは構造設計の基本でもあります。駿河工房では、地盤調査を実施して分析し、必要においては杭を打つ、地盤改良をおこな うなどの措置を施します。また地盤と建物をより強固につなぐとともに、建物の荷重によって変形しない基礎とするために、基礎部分にも許容応力度構造計算を おこない構造を決定します。さらに固さにバラツキのある地盤による住まいの部分的な「不同沈下」のリスクをさらに低下させるために「ベタ基礎」を採用して います。地盤の強さが担保されてこそ基礎が設計通りの強さを発揮し、建物から伝わる力を受け止めて地盤に伝えられるのです。



木の文化を活かす。

私たちが目指すのは、先人の知恵を活かした次世代に継承する住まいづくりです。先人たちは、厳しい気候風土の中で、暑い夏にも厳しい冬にも耐え、梅雨や台 風、地震にも耐える家をつくってきました。しかも何代にも住み継いでいくことのできる丈夫な家があります。長く使える骨組みや間取り、気候風土に適した仕 上げやカタチなど、そこにはつくる知恵と住む工夫があふれています。私たちはこうした家づくりに学び、現代の知恵と技術を融合させて良質な住まいを提供し たいと考えています。これは風土に育まれた木の文化の継承であると考えています。日本の気候風土に合った身近な材料で丈夫で長い必要に応えるためには、素 性のわかる確かな性能を持った材料を使うことが大切です。駿河工房では、地域に生きる住まいをつくるために、つくり手と山をつなぐ地域のネットワークを構 築しています。木材の生産システムから、良材の安定供給、さらに乾燥率や強度など品質を見極めながら適材適所に木を使い、木のもつ魅力を最大限に発揮でき る価値のある住まいづくりを可能にします。それはひいては地域の山と町をつなぎ、地域の景色と環境を守ることでもあります。



地域の匠とつくる

家づくりには、設計という二次元で取り組む「考える」作業と施工という三次元に立ちあげる現場作業があります。その現場の中心にいるのが現場 監督です。設計図を正しく読み、部材のひとつひとつの寸法を示す施工図をつくり職人の力を引き出し束ね、家づくりの品質を管理します。現場の品質にもう一 つ大切なことは、地域の風土に根ざした知恵、地域の暮らしを良く知り、土地を愛し、誇りをもつ地域の匠の技です。自然素材を積極的に取り込んだ住まいで は、職人によってその質に違いが出ることも事実です。塗り壁の材の操り方によっても、表情は変わり仕上げによって美しさに差が出ます。石の引き方一つ、屋 根の葺き方一つに至るまで、深い知識と熟練を要するからこそ、彼らを匠と呼ぶのです。静岡の温暖な気候に映える素材とそれらを活かし、丁寧に仕上げてゆく 匠たち。大工から、鳶、左官、建具師、畳師、板金に至るまで、家づくりのさまざまな工程の中においてそれぞれの技を誇る匠が、駿河工房ならではの暮らしの 文化といえる、質の高い住まいづくりを支えています。



設計の作法 パッシブデザイン 住まいを守る
「創る」こだわり 庭を創る