密集地に建つ長期優良住宅

静岡市中心部の密集地に建つT様邸。敷地の3辺から隣家が迫っているため、

光をどう取り込むかが課題でした。そこで、駿河工房は生活動線の軸となるLDKを

2階に配置することで、明るくて開放感のある暮しをご提案しました。

リビングは暖かみのあるパインの床と白い珪藻土に包まれたナチュラルテイストで、

天竜材の太い柱や梁に心が和む。また、全開口サッシを採用し、リビングからフラットに

つながるウッドテラスを設けてさらに奥行き感を出しました。豊富な収納スペースにも注目です。

玄関外に倉庫を設けてスキー板やタイヤを保管したり、各部屋に造り付けの収納棚を設置。

勾配天井を利用したロフトも重宝しそうです。