天然木と自然素材、澄んだ空気が生み出す快適なくらし

構造材から天井、床まで県産材を中心に国産の無垢材を使い、壁は漆喰のほか、

珪藻を含んだ壁紙を使っています。調湿性に富んだ自然素材の室内は快適です。

気温や湿度、天気や季節の移ろいを感じる住まいに仕上がりました。

富士山も望める北側の洋室は引き戸を開け放つと、吹き抜けとの見事な一体感が生まれます。

また、気軽に使いたいとホールに作り付けたデスクは、将来お子様が宿題をするのに活躍します。

どこにいても人の気配を感じ、声が届き合う空間で、家族の絆がさらに深まる住宅設計になっています。