家族の歴史をつなぐ家

新築するにあたって、I様から「以前の家は祖父の代から住んでいたので思い入れもたくさんある。

だから、以前の家で使っていたものを新しい家にも残してほしい」と依頼されました。

以前の家で使われていた格子戸を新しい家のサイズの合うよう、木材を継ぎ足して

サイズ調整しているほかは、傷や色ムラもそのままにして、以前の家の記憶を宿す

格子戸に見守られながら、I様夫婦は新しい家での歴史を紡いでいます。