3階建てSE構法の家

密接する隣家と、南北に長く間口が狭いという敷地条件を踏まえ、

中庭から光と風をたっぷりと採り込むことを設計コンセプトに揚げました。

建物は施主の家族構成と部屋数を考慮し、3階建てを採用している。

1階と2階に中庭と設け、LDKは風通しの良い2階に配置。

さらにリビングに吹き抜けを造り、北側の部屋にも心地よい光が届くようになっています。