海を臨む白い箱型の家

海に近い丘陵地に建つこの家は、海外で手にした一枚の建築写真をもとに、

施主が描いたイメージを形にしたものです。丘陵地という敷地環境と、

1階にご主人の仕事部屋を設けるという条件もあり、LDKは2階に配置。

晴れた日には、窓から素晴らしい絶景が眺望できます。室内はムクの床板などの

自然素材をふんだんに使用。外観のスタイリッシュなテイストをそのままに、

木のぬくもりを感じさせる住まいを実現しました。