環境に配慮した木の家

静岡産の木をふんだんに使用した室内は、木のぬくもりと調湿作用による心地よさに満ちている。

構造材には静岡県産の檜や杉を使用。天井や造作にも県産の杉が用いられており、

昔ながらの日本家屋のような深い軒に守られた落ち着いた雰囲気の室内を、

やさしい木の香りとともに爽やかな風が吹き抜けていきます。N様の家はほぼ正方形に近い形で、

田の字のようなシンプルな間取りが特徴です。1階にLDKと和室、寝室、水まわり、

2階に子ども室を配し、将来は1階だけで生活できるように配慮しています。

家族がくつろぐメインの場であり、料理教室のスペースにもなる1階のリビングダイニングは、

南と西の深い軒をぐるりと回したオープンな空間です。

開放的でありながら夏の日射や外部からの視線を遮り、心地よい風を取り込む設計です。