第二の人生を豊かに暮らす家

仕事から引退を機に、妻の実家近くに家を建てたMさん。

静岡駅から車で20分ほどの場所にありながら周囲の山に囲まれ豊かな自然が残るこの地に、いずれは自分の家を建てたいと考えていました。周囲に古い民家が多く、また実家が材木店だったこともあり、木の香りがする家を望んでいました。駿河工房は、地場産の木材を積極的に採用し、静岡の風土に合った木の家を提案している事から依頼。このようなMさんの思いを受けて完成した家は、構造材に「しずおか優良木材」として認証された静岡県産材の杉や檜を使用。間取りは1階にLDKと夫婦の寝室で広い和室、2階に長男の部屋を配置した。現在、独身の長男ですが、将来は2世帯住宅として使えるようにつくられています。庭は入居後ご主人が楽しみながら少しづつ造っていく予定で各室から緑が眺められるようにプランニングしてあります。また、OMソーラーを採用して太陽熱で空気を暖めて床下で蓄熱し家全体が暖かくなるようになっています。『家に帰るとほんのり暖かい。夏も冬もエアコンが苦手だったので、この自然な暖かさや涼しさが心地よいですね…(ご主人)』と快適さを実感している様子でした。