SE構法の家

大空間を実現するSE構法による
これからの住まいの形

SE構法は、「木造」と「鉄骨」の良いところを融合した工法になります。 骨組みが鉄骨のようにがっちりしているから、壁面で強度を支える必要がなく、 従来の木造建築では不可能であった大胆な間取りや大開口部が実現できます。

では、なぜSE構法で建てられた住まいが、それほどまでに強いのか? それは、均一な強さをもつ集成材と接合部の強度を高めるために独自開発された 金属部材の組み合わせによって生み出されるラーメン構造が従来の木造建築を はるかに超える構造強度を実現しているからです。

ワンフロア仕切りなしのワンルームや光や風を呼び込む大開口窓の実現、 さらには木造3階建て建築など、過去の実例の数々が、これらの技術の証明をしています。

SE構法の家


SE構法の家

子供部屋として区切った空間は、子供が成長して独立したら、また元に戻して使い方を 見つければいい。
そんなふうに、ライフスタイルの変化に柔軟に対応しながら、 長く住み続けられる住まいを「SE構法」は実現しています。


SE構法の家

実例は、こちらをクリックしてご覧ください。→SE構法の家