吹き抜け

広々と感じさせる解放感

リビングを広くゆったりとくつろげる場所にしたいのはどなたも同じお考えではないでしょうか。駿河工房でも、リビングなどを明るく開放的な空間にしたいと考えた時に「吹き抜け」をご提案するケースがあります。吹き抜けとは、下階部分の天井、上階部分の床を設けないことで、上下を連続させたスペースのことをいいます。縦方向の2層分の壁に窓を設けることができるので、明るい空間となること、高さで実際の面積以上に広く開放的に感じられること、吹き抜け空間を通じて上下階の空間が緩やかにつながるなど空間的な魅力があります。

家族の気配を感じる家

極力天井や壁で仕切らないのが吹き抜けのある家。家族がどこにいて、どういう状況なのかを常に感じることができます。キッチンとリビングを一体化させ、吹き抜けにすることで、お子さまやご高齢のご家族の気配を感じられるのもメリットのひとつです。家事をしながらも、ご家族がどこにいるかを感覚的に知ることができるのはとても便利で安心です。また、食事の際なども一声かけるだけで家族にその旨が伝わるのも主婦にとってはありがたいところです。「ご飯できたわよ!」と大声を上げたり、2階の部屋までわざわざ伝えに上がったりという作業は意外と面倒なものです。キッチンとリビングダイニングが一体化された吹き抜けの家でしたら、このような家族間の意思疎通も気軽にできる面があります。

日中の明るさの確保

狭小な土地や、近隣の家が迫っている住宅地に家を建てようとするとき、頭を傷めるのが「日中の明るさの確保」ではないでしょうか。近隣の家が迫っているなど、明るさの確保が難しい場合にはとても有効。2階部分の窓ガラスから取り入れる明るさが大きなメリット。吹き抜けのある家は、リビング部分を1階・2階と分断しませんから、たとえ隣の家が迫っていても2階部分のガラス窓から日光を取り入れることが可能です。特に冬場は太陽光の角度が下がりますから、近隣の家に1階部分の日照を邪魔されてしまうこともあり得ます。吹き抜けがあれば、この2階部分から差し込む光はとてもありがたい「自然の恵み」となるでしょう。昼間から電気を点けなくてはならないというのは、少し残念です。こういったお悩みを解消する手段としても、吹き抜けは有効なのです。

温熱環境に留意した計画を立てておく

吹き抜けがあると、冬は1階で温めた空気が2階部分へ抜けて行きます。夏は夏で熱気は2階部分へ上がって行きます。吹抜けのあるリビングは「思ったより寒くなかった」や、逆に「思ったより寒かった」など個人差があります。1階・2階をきちんと区別した家でしたら、本当に必要な部屋でだけ冷暖房をすればよいところ、吹き抜けのある家では、家全体での冷暖房の計画が必要となるのです。駿河工房では家自体の断熱性能が高く、夏の通風も考慮したプランをご提案しています。家の中で暖かい空気や涼しい空気を循環させればよいという断熱性があってこそ、吹き抜けで快適さ・リラックス感を満喫することができます。

OMソーラーの魅力

吹き抜けがあると、そこから光がさしこみ、開放的な暮らしができます。一方で冬場に暖気が上に上がって寒くなる心配も。

吹き抜けがある家に駿河工房が特におススメするのがOMソーラーです。

OMソーラーは太陽熱を利用して暖めた空気を循環しながら床暖房するシステムなので、上下階の温度ムラが出来にくくなるため、吹き抜け空間の暖房にも最適です。

OMソーラーで吹き抜けの良さを活かしつつ、冬場も快適に住める空間を実現できます。

音、におい、メンテナンスには考慮が必要

吹き抜けのある家にも考慮が必要な点はいくつかあります。キッチンからリビングダイニングに続く間取りとなっている時には、お料理の汚れや匂いが2階部分にまで上がってしまいます。2世代で生活する場合、生活リズムの違いで音が気になることもあります。また、勤務時間が変化する勤め先の場合、睡眠がうまく取れないケースも考えられるなど、生活スタイルに合っているのかといった検討は必要です。2階部分に相当する窓ガラスのお掃除が難しくなることがあります。外は高圧洗浄機などで汚れを洗い流すことはできても、内側はそういう訳にはいきません。せっかく日光を取り入れる窓ですから、この部分の手入れがしづらいのはあまり好ましい状態ではありません。駿河工房では2階部分の窓のそばにキャットウォーク(保守点検用の狭い通路)を設けるなどして、手入れのしやすい作りもご提案しています.

リビング階段も吹抜のひとつ

家づくりをするに当たりリビング階段の採用を検討されている方は多いでしょう。駿河工房が家づくりをお手伝いした方々も、多くの方がリビング階段を採用されています。家族のコミュニケーションを取りやすくするためという事があります。2階の個室へ行くためには、必ずリビングを通らなければならないので、家族が自然と顔を合わせるようになります。リビング階段も広い意味ではリビングの一部が吹抜になっているようなものです。空間的な広がりを演出でき、通風や採光を高めることができますが、冷暖房効率はやや落ち、臭いや音が伝わりやすいのが難点です。吹抜やリビング階段を採用する際には、このようなメリットとデメリットをしっかりと把握しておきましょう。あなたの生活スタイルを検討し、生活に合うようでしたら、明るく快適・開放感のある家にするための方法として吹き抜けはとても素敵なものです。