駿河工房の自然素材の家

駿河工房は、無垢材・漆喰壁など環境や体にやさしい、自然素材を使用した住宅を手掛けています。高気密化した住宅では、有害化学物質をできるだけ室内に取り込まないようにしたいもの。住まいの環境を整えて、健康を守る材料を使いましょう。

なぜ自然素材を使うのか?

自然素材は以下のような機能があります。

【調湿機能】

日本の高温多湿の気候条件には「調湿機能」すなわち空気中の湿度が高くなると湿気を吸収し、逆に低くなると放出するという湿度を調整する機能。結露が起きにくいのでカビやダニが発生しにくいので人はもちろん家も長持ちします。加えて、まめに窓を開けたりして空気を入れ替えることも心がけたいです。

【消臭・シックハウス対策】

有害物質や生活臭を吸着・消臭する機能があります。木については「木の香り」は精神の安定効果を高め、緊張や神経過敏などの症状を緩和する作用ももっています。また、化学物質が含んでいませんのでシックハウス対策に繋がります。けれども、私たちも気を付けなければならない点があります。洋服用の防虫剤やドライクリーニングのカバー内などには有害物質が含まれていまし、知らない間に生活の中に入り込んでいるというのが実情です。天気の良い日には、クローゼットや納戸にしまい込んであるものを天日にさらすという、昔ながらの「虫干し」や「陰干し」という方法もとりましょう。

【癒し効果】

無垢の床材は足触り・手触りがよく安堵感を与えてくれます。天井や壁に使う無垢材や塗り壁は、「天然材」ですので、工業製品のような均一感やキラキラ感はありませんが、自然の息使いを感じますし癒されます。また、木の無垢材は蓄熱性能もありますので建材の床と比べても、冬にはヒヤッとした冷たさはありません。

【経年変化】

木は年月の経過と共に、陽に焼けたり、人の油分でいい艶や色合いになってきますので、「味」が出ますし木材の変化を楽しむ事ができます。 塗り壁もそうですが、呼吸して生きている証ともいえます。家を長持ちさせる為にも、定期的なお手入れをすることをお薦めします。

自然素材について

以下は代表的な自然素材を挙げてみます。

【無垢のフローリング】

 木の持つ調湿性能やすぐれた通気性、温かみも持っていますので「いつまでもここに居たい」と思わせる居心地の良さを生みます。住まい手の好みもありますが、針葉樹なら桧・杉などの国産材がよいでしょう。 広葉樹の桜やナラに比べて柔らかく、足にも負担がかかりません。

【ほたて漆喰】

ホタテ貝殻を原料にしています。貝殻の持つ多孔質(細微な穴)が部屋の温度に応じて水分を吸ったり吐いたりする調湿効果により、
結露防止・抗ダニなどの機能があります。また、抗カビ性がありますので、湿気の多い日本には最適の壁材です。消臭機能もあります。仕上がりは、ホタテ貝殻の持つ独特の光沢で、清潔感ある表情になり和風・洋風すべてのインテリアに美しく調和します。

【中霧島壁(シラス壁)】

中霧島壁は、鹿児島県から宮崎県南部にかけて、とれる火山灰(シラス)を原料にした塗壁で、優れた調湿機能があります。湿度が上がると余分な湿気を吸収し、湿度が下がると湿気を放出します。日本の蒸し暑い夏に最適です。タバコやペットのニオイも短時間で消臭。  家具や建材から出されたホルムアルデヒドなどの化学物質もしっかり吸着し、時間が経っても再放出しません。

【珪藻土】

「珪藻土」は火に強いため七輪コンロ、耐火断熱レンガの原料として昔から使われてきました。 近年はビールやお酒のろ過剤、食品添加物などとして幅広く利用されています。珪藻土とは湖底や海底に800万年~1000万年沈積し「珪藻」部分だけが化石として残った堆積土です。この珪藻土の粒子には1ミクロンにも満たない小さな「孔」が無数にあり、調湿性・脱臭性・シックハウス対策 等の効果があります。

【和紙】

和紙は洋紙に比べて粘り強く、耐水性、加工性に富み、独特の美しさに満ちています。日本家屋の障子は、高温多湿な風土の中で、部屋の調湿・吸水力、断熱性、紫外線遮断力のおかげで、高温多湿の夏を涼しく、冬は暖かに過ごすことができるのです。

【杉板】

杉材は主に天井や壁に使います。「杉」の柔らかさは触れた瞬間のぬくもりをもたらしますし、一枚一枚の木の板には独特の風合いが生まれます。白っぽい部分は飴色に、赤っぽい部分は落ち着いた茶系の色に「経年変化」が楽しめます。節の多い杉は、価格の安さと入手のしやすさで使う頻度が高いです。ただ、欠点としては傷がつきやすいことです。

【オイル(メンテナンス)】

無垢の床材のメンテナンスについて。床は木肌を保つ樹脂分が奪われがちで、汚れも付きやすい場所です。 木肌の持つ樹脂分を補うためには、植物性オイルがおすすめです。亜麻仁油を主体に松ヤニから取った植物油性ですので木に浸透し内部で固まり保護します。表面に塗膜を作らず、木材が呼吸し自然な木肌が生かせます。

人にも家にもやさしい自然素材

私たち駿河工房はたくさんの自然素材の中から、良いものを選び提案しています。当然ですが、自然素材といっても完ぺきな物ではありません。健康的なことはもちろん、コストや、使いやすさ、長い年月による味わいなど様々な特徴を考えた上で選び、やさしい生活ができたらいいなと思っています。