PICKUPNEWS

駿河工房が考える 『ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)』

駿河工房がZEHビルダーとして承認されました。

平成28年度「住宅・ビルの革新的省エネルギー技術導入促進事業費補助金ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)支援事業」において ZEHビルダーとして登録された企業が設計、建築(既築改修を含む)するZEH(Nearly ZEHは含まない。)のみを補助対象とする予定です。

また、2020年までにZEHの家を全体(完工物件)の50%を目標に取り組んでいきます。

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)や平成28年度「住宅・ビルの革新的省エネルギー技術導入促進事業費補助金ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)支援事業」にご興味ある方は、お問い合わせください。

ZEHとは?

「外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、

室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギーを

導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅」です。


具体的には・・・
①強化外皮性能基準が一定以上であること。(屋根または天井、外壁等の断熱性の向上)
②基準一次エネルギー消費量から 20%以上の一次エネルギー消費量削減
(①に加え、高効率の設備システムの導入により一般的なエネルギー消費量を20%削減する)
③再生可能エネルギーを導入(容量不問)(太陽光発電設備等の導入)
④再生可能エネルギーを加えて、基準一次エネルギー消費量から 100%
以上の一次エネルギー消費量削減
が求められます。

駿河工房が考えるZEH

駿河工房では2020年までに、着工件数全体の50%(既存改修を含む)を

ZEH仕様を目標に取り組みます。省エネ・創エネ・断熱をしっかり考え

心地よい家づくりと共に、環境にも優しい家づくりのご提案をしていきます。

ZEHの詳しい内容や補助金等お気軽にご相談下さい。