プロファイル

ログインする
長く住み慣れた愛着のある家の思い出を残したい。
そんなO様ご家族の願いを叶えるべく、建替え前の住まいの古材をいくつか再生させて頂きました。
玄関の古材梁、和室の欄間、床框、トイレのカウンター・・・。
前の住まいの材料と仕事が良かった為、姿・形を変えてまた新たな味わいのある意匠に生まれ変わりました。
住まい手と作り手の思いを引き継いでO様ご家族が幸せに暮らしていかれることを願っています。

駿河工房 村松

---

我が家も1年が経ち 駿河工房 さんに建ててもらった
家はとても住みやすく1年を通して快適でした。
駿河工房 さんには 評判 どおりの仕事をして頂いた
と思っております。

そんな1シーズンを通しての気づきを
以下に記させて頂きます。
これからマイホームを建たれる皆様の
お役にたてれば幸せです。

尚、間取り等は私自身の考えであり設計士さんの
考えではありません。

<成功した所>
○一番日光のさす2階部分に室内の洗濯を干す
スペースと結果的に吹き抜け階段の2階部分の柵を
利用しての布団干しスペース、これは大成功でした。
一番は、我が家に花粉症の子供がいるだけに
そのシーズンは、とても助かりました。

○吹く抜けの階段でもあり冬が寒くないか心配でした。
しかし過ごしたこの冬は全く寒さを感じませんでした。
OMソーラではありませんが、気密性と床がオール
無垢材(駿河工房さんなら当然の洗濯ですが)なので
昼間の暖かさを蓄積してくれているのかと勝手に
解釈しております。

○贅沢して、風を通すシャッターを大2枚採用したため夏の夜も良く風を通してくれ、寝るときにエアコンを
使用したのはこの夏は1回だけでした。


<失敗した所>
○設計士さんにもアドバイスを頂いて結果的に
無視した点ですが、窓からの採光が少なくリビングは
1日中照明が必要になってしまいました。

○階段の昇り口のスペースが狭いわりに2階の階段の
踊り場はとても広く、昇りのときには感じないのですが下りのときは1階に着いた圧迫感を感じてしまいます。
何事もバランスは大切だと感じました。

○窓は「通気できてこそ機能するもの」と考えて
お隣り様との視線を考えて、高所にも横スベリの窓を
多用しました。し
かし2階屋根の軒下なこともあり鳥が糞をして
汚してしまいます。
しかし窓拭きの清掃が簡単にできず、清掃は長い棒等を使用しないとできません。
窓拭き等の高所清掃も考えるべきであったと
今になると気づきました。
※前の家から鳥がよく来る家でしたので
気づくべきでした。


<気をつける点>
○クロスは生き物です。
1年を通してシワだらけになってしまいました。
クロスは経年変化も考慮した物を選ばれた方が良いと
思います。

○やはり、子供は家を汚してくれます。
事前に承知しておいた方が良いです。
相当に血圧が上昇します。

以上、丸1年経っての感想です。

施主 O